水で変わる料理や飲み物の味

おいしい水でおいしい料理やおいしい飲み物ができるというのは常識と言ってもいいと思います。
以前、水道水がよくなかった時代に沸かさずにお茶を入れて友人に出すとすぐにまずい水道水だとばれてしまったこともあります。

レストランや喫茶店などでもおいしい水で作った料理やドリンクを売りにしていることもあり、付加価値をつけるのにも一役かっています。
最近では水道水もかなりおいしくなって来ましたが、私がここぞというときは近所で湧き出しているおいしい名水で知られている水を汲んきて、その水を利用します。
それは神社の中にあるのですが有名なのでいつ行っても水を汲む人で行列ができているほどです。
テレビ局なども取材に来て、ますます有名になってしまいました。
まろやかでおいしい水なのでコーヒーやお茶、お米を炊くときに利用することが多いです。

味の濃いものよりも水の味を感じる飲み物や料理で水のおいしさを感じることができると思います。

会社に水がやってきた

会社の上司の知り合いが水のレンタル事業を始めたらしく、突然会社にレンタルサーバーがやってきました。

白い清潔感のある細い体に、地元の天然水が入った大きな頭。しかも予備の頭は5セットも用意され、私の作業場所は堂々と占領されてしまいました。

元々、水は一度沸騰させれば水道水で十分だと思い込んでいた私なので、最初は全く受け入れられない状況でしたが、飲み始めると様々な利点がわかってきました。

【その1】いつでも水が冷たい
当たり前の話ですが、電気で冷たくしていますので、いつ飲んでも飲みやすい温度に。特に夏は水分をたくさん取りたいので、飲みたい時にすぐに飲めるという仕組みはありがたいですね。

【その2】急な来客でもすぐにお茶やコーヒーが出せる
水だけでなくお湯も常に準備できているので、急な来客でもお待たせすることなく飲み物をお出しすることができます。

【その3】常にきれいな水回り
ポットにお湯をわかし、帰りに片付ける毎日の作業がなくなり、台所に行く回数も減りました。レンタルサーバーも、汚れたら拭くだけなので、簡単にきれいになります。

最初は抵抗があっても、慣れると、今度はなくてはならない存在になった、水の宅配。まだ経験のない皆さまに是非お薦めしたいです。